週報(2022.02.24)

先日またなかなかの雪が降りました弘前です

雪は降りましたが、やっぱり立春を過ぎるとなんとなく空気の感じが違います、やっぱり冬も終わりに向かっているのでありましょう、私は冬が好きなのでなんだか少しさみしいです、しかし冬とおんなじぐらいに弘前の桜が好きなので不満があるわけでもございません


先日久方ぶりに温泉にゆきました、観光地に住むとすぐさま観光ができるのが利点でございますね

今回は初めて三世寺(さんぜいじ)温泉にまいりました、「熱の湯」で知られる温泉とのことで湯上がり後の暖かさがものすごく持続するいいお湯でした、温泉成分表の見方を友達に教えてもらったのですが、成分等総計が9g超えの濃度高めのお湯とのこと、青森はほんと泉質が素晴らしい温泉をすばらしい安さで堪能できる土地ですよ(濃度が濃すぎてあえて加水する温泉もあるそうです)

昭和レトロという言葉がありますが、青森でみかける昭和レトロというのは「過去のものが今日まで打ち捨てられている」というのも無論存在する一方で、「当時のまま変わらず現役で生き残っている」というものがまたあちこちにあって、魅力のひとつとなっています

現在まで生き残っている、ということは「今日まで生かしてきた人たちがいる」ということで、それがすごいよなあ、と思うわけです、「わんどはわんど」、つまり「自分らは自分」という独自のスタンスとのんびりめのタイム感、さすがに昭和レトロな建物とかは耐久性の低下によってこの先減ってゆくかと思いますが、この「古かろうとも意に介さず」的な姿勢はある種の美徳のひとつとして残っていてもいいのではないかと個人的には考えます、どうせ一長一短ある思想ならば多少開き直っておいてもよろしいんではないでしょうか

また今後ともいろいろな温泉にまいります~それではまた来週よろしくおねがいいたします

<今週の消しゴムはんこ>
ねぷた牡丹のはんこを増産しました

コメント

タイトルとURLをコピーしました