「金をかけない生活はつまらぬ」の話

最近はもー、とにかく会社でがしがし働きまくっておりまして、つまりはここに書き付けられる話題がほぼほぼ発生し得ない毎日となってございます、当面の間はそんな調子で暮らしそうです

なににつけても、良いものを作ろうだとか、品質の高いことをしようだとかいたしますと、ぜーったいに、その分のお金がどっかにかかるようになっていて、なので『とにかくお金を貯めよう』と考えた際には『とにかくお金が出て行く選択を避けよう』というのが非常に手っ取り早いわけです

そこで自分の場合は舞台の活動の大半を休止させてみることにしたのですが、これが結構効果てきめんでして、だいぶ計画通りの貯蓄が着々と進んでいたりいたします、移住資金集めに取り掛かってみるまでは「自分は貯蓄のできない人間だ」と思っておったのですが、やろうと思えば案外できるものだった模様です

ただその代わり、現在の生活はほんとーに、ここ10年ぐらいでいっちばんスッカスカです、生きる手応えのようなもののほとんどが私の周りから消え失せたような気さえいたします

もちろん、楽しいことは日々それぞれに起こっておりますし、会社での業務だってだいぶん取り組み甲斐のあることをさせてもらっているところなのですが、それでも、長いこと当たり前のようにやってきたことを一年以上休止させるというのは思った以上に心細いもののようでして、どうにも途方にくれてしまいます

とは言うものの、「東京で活動をがんばっても来年には引っ越してしまう」わけですし、一方で「引っ越しの準備を進めようとしてもまだ一年先なので仕事も家も決めるには早すぎる」という、ほんとに宙ぶらりんの状態なのです、結局総合して考えると「余計なことしないで毎月のお給料を一年かけて貯めておく」というのが最適解となるわけで、ひたすら会社で働いてなんにもしない一年にしてゆくより他の選択肢がなくなっているわけなのです

しかしそんなことを論じてみても、ほんとにその通りにぜーんぶ我慢しまくったら自分はきっとそのまま干からびそうなので、とりあえず「毎日の食事」と「東京にいるうちにやっときたいこと」については多少お金がかかってもよし、と決めて、あとは馴染みのお仲間さんから出演のお誘いをいただいたライブとかには少なめですけど出させていただく、と、そういうことにしております、もうあと一年の辛抱でございます、ただし居酒屋飲みはやはりお金が出て行き過ぎなので来年過ぎぐらいまではほんとに最小限にとどめておくことといたします、もともとそんなに飲んでる方でも実は無かったりするんですけどもあれはやっぱり好き勝手やるとすぐ貧乏になる選択肢です

中野坂上に引っ越してきてから12年、自分を生かし続けてくれた街から新しく出てゆく、ということは、つまりそのぐらいの難易度はあるものなのであるだろうと、そんでこの先新しい街につけたならまたいろんなことがあるはずで、それでもきっと存分に活動して思いっきりお役に立ってゆこうと、その目論見が現在の大きな励みとなっております、所詮目論見なので外れても外れなくても納得できる自信はあるし、その展望がなかったら絶対にこんなお金を貯めるためだけの生活なんか続けらんないだろうなー、と、考えたら結局自分はやっぱし貯金は苦手なのかもしんないなあと改めて思うに至ったわけでありました

とりあえず、今度の夏休みには1箇所、昔から憧れてたところに一泊二日で出かけてこようと思っております、その時にはなにかもっとこう、景気のいい文章が書けたらいいなと思います…

コメント