津軽衆指南


お昼からツイキャスをしながら有楽町まで出かけましたら往路でスマホの電池が切れて往生いたしました、今年1月にiPhoneの電池交換代が値下がりしたのでいいかげん交換を行いたいところです

本日は弘前市のIT企業の方がUIJターン希望者向けにいろいろなお話をしてくださるというイベントに参加してまいりました、名刺交換も行ったりしてかなり有意義なお時間でございました、自転車でいかなければりんごのシードルが飲めたのですがそこは我慢の子でございます

今日のイベントで改めて弘前市の紹介があったのですが、「大学が五つある」と聞いて、それであの街が私にとってなぜ懐かしい感じがするのかがわかりました

私の家は転勤族だったのでコマ切れにいくつかの街に住んでいるのですが、自分が生まれた場所、小学校の頃住んでいたところとして出身地は東京都国立市と言うようにしており、この国立市も「学園都市」で「文化都市」、ついでに「春の桜が自慢」という街なのです、何故だか初めて行った気がしないように感じたのはその辺の影響があるかもしれません

弘前は文化も桜もすごければ大学の数まで上回り、さらにはりんごやねぷたや岩木山など他にも魅力がいっぱいある、まさに「こんな故郷が欲しかった」という、もう私にとってはドンピシャの街だったわけです

そして今日お話を聴いて思ったのは、考えついた企画はとにかく「まず自力でなんとかする」という気概でやってかないといけないみたいだ、ということでした、まず自分で自分を助けるというスタンスができて初めて他の方からのサポートが受けられると、そういう感覚がありました

まずは自分でやってみる、というのは今までの活動で長年さんざんやってきたところなので、これはもしかしたら思った以上にのびのび活動できる可能性があるんじゃないか、とだいぶわくわくしたのでした、早くお金が貯まりさえすればもう前倒ししてでも向こうで仕事がしてみたいなあとつくづく思いました、が、東京での活動の整理も会社含めてちゃんとやりたいので、移住後の準備も進めながら来年2019年の7月までを着々と過ごして参りたいと思います

さて、本日から昨年12月に行われたインプロ・ジャンクションの記録映像をYouTubeにいくつか載せてゆきます、ご興味のある方はぜひご覧いただければと思います、よろしくお願いいたします

インプロゲーム「なにやってるの」
他業種混合インプロライブ「インプロ・ジャンクション」の様子です。 2017.12.10(日) 阿佐ヶ谷アートスペースプロット 出演: 砧川キヌ子・杏泉しのぶ・姫くり なみえ・畑英之・カモメ・ホイップ坊や・平野景悟(ピストルオペラ)・阿部剛(世界事情) 次回の開催は2018年6月ごろを予定しております。 http:...

コメント