旅行アルバム 前編(2018年7月20~21日 太宰府・天神・博多)

そんなわけで、先日7月20日から21日まで福岡県に行っておりました、お写真を撮ったものをここにまとめながらいろいろ書いてゆきたいと思います

行きの飛行機

飛行機のチケット自体は万全に抑えていたのですが、はりきりすぎて朝6時20分発の席を取ってしまい、さらに羽田空港に行く交通手段について調べるのを前日まですっかり忘れておりましてもう、おーわらわでした、結局無事に新宿発羽田行きのリムジンバスを利用でき、きっちり搭乗できました、よかったぁ…

これで新宿から羽田に行く方法は大丈夫になったんじゃないかと思います、リムジンバス便利ですねえ

福岡空港で飛行機を降りてみてから気がついたのですが、乗っていたのがディズニーリゾート35周年の記念飛行機だったらしく、外見がすごい派手だったみたいです、飛行機を降りる際にディズニーデザインの「搭乗証明書」までもらえてしまいました、プラスチックでちゃんとしてるやつ…すごい…

このあとLINEで妹と会話している時に「帰省の時にあげるわコレ」と送ったらすーごい歓喜したスタンプが返ってまいりました、欲しい人は欲しいんでしょうねこういうのねえ(物にあんまり頓着しないタイプでして)

福岡到着と朝ごはん

当日は朝の3時起きで、水分補給以外は何も口にしていなかったので朝8時過ぎに福岡空港ついたときにはもうお腹がぺこぺこでした、ご飯のことしか考えずに飛行機を降りましたが、空港を出た通路に飾ってある博多人形がすっごい気に入ったので、ひとりでワーワー言いながらお写真を撮ってまいりました
これが博多人形かあ、としばらく観ていたのですが、本当に生き生きとした造形の人形なんですねえ、ユーモアの加減が絶妙でほんとにいい作品でした

それで、博多に行ったらやっぱり明太子を食べよう、と、機内で一生懸命明太子のお店を調べていたら今の時間でもやっているお店があったので入ってきました、「元祖博多めんたい重」というお店でした

いやー、お腹が空いていたのもあったと思うんですけど、ほんっとにおいしかったですよ、あっという間に平らげてしまいました…もっと味わって食べればよかった…(笑)

お値段も普段自分が食べてる一食分よりぜーんぜん高かったですので、現時点では私が食べた朝ごはんの一番贅沢なのはこの明太子重、ということになりそうです、これはそのうち青森で、記録を更新してやらなければなりませんねえ…!

太宰府天満宮参詣

腹ごしらえも済んだのでさっそく太宰府天満宮へと向かうことにいたしましたら、その途中に「水鏡天満宮」というお社があったのでそこにも寄ってまいりました、朝から地元の方と思しき方が何名か参拝にいらしていて、静かな佇まいのいいお社だったんですが、このあたりはもーいちめんに蝉の声がものすっごいこと、新宿で聞いてるのの2倍ぐらいはぎゃん鳴きされていらっしゃいます、品種(?)も違うようでなんだか圧倒されてしまいました、しかし暑さのほうはというとやはりこちらのほうが日陰に入った時に涼しい風が感じられるので幾分か過ごしやすそうな気がいたしました

…それにしても、福岡がこんなに都会だとは思わなかった…すごい…普通に金曜日だったから旅行、というよりは出張に来てるような錯覚さえ起こしてしまうぐらいビジネス街のど真ん中でした

こちらは駅の地下街と西鉄福岡駅のホームの様子、まったくもって都会であらせられます…

それでも電車を乗り継いで太宰府駅まで参りますと、夏の景色が広がっていたのでありました

ここでいの一番に買いましたのが、梅が枝餅でございます

福岡出身の会社の方に名物を聞いたところ「梅が枝餅がおいしいよ!」と教えていただいたので楽しみだったんですが、おいしかったー!お餅の部分に独特の歯ごたえがあって、一発で気に入りました!なんだろうあの、噛み切るときの「ふにっ」とする感じ、あれまた帰りにぜったい食べようと思ったらまんまと忘れたんですよねえ…!唯一の心残りです…!

さて

いよいよお参りです

境内は大変賑わっていたのですが、なんと9割方は海外からの観光客のみなさまでした、日本人1割もいなかったんじゃないでしょうか…ともかくも不思議なくらいの人気です

後で聞いた話なのですが、福岡は中国や韓国から『物理的に』近いので、それでツアーが組まれやすいみたいです

きっと学問の神様ということでお若い方にも人気なのかもしれませんね、ご家族連れの方も結構いらっしゃいました

真夏の日差しで汗がじりじり出る中、朱塗りの橋をいくつか渡り、いよいよ本殿の前までまいりまして、そして、いつものとおり、近所の天満宮でお参りするのとおんなじとおりに、まあそれでもやっぱりお賽銭は500円玉を気前よく(?)賽銭箱へと納めまして、二礼二拍手一礼と、参拝をしまして、ああ、やっと大宰府に来られたんだなあ…と、しみじみ思ったのでありました

思えば、小学校の頃住んでいた国立市にある谷保天満宮に毎年毎年お参りをしていたころ、決まって耳にする「太宰府天満宮」というキーワード、天満宮が好きならばいつか絶対に見に行かなくてはならないだろうと思い続けて30余年、とうとう念願がかなったわけでございます、もう二度と来られないかもわからないので、きっちりご挨拶をしてまいりました

無事に参拝を済ませたあとで、この日の朝方に突然思いついた計画を実行にうつしてまいりました

御朱印帳!昔から憧れだったんですが、なんとなく今の今まで作っておりませんでした、念願の太宰府天満宮で最初の一冊を作ることができたのはまったくもって本望です…!それにしてもなんで今の今まで思いつかなかったのかが不思議なくらいです、ちゃんと思いつけてよかったです

購入する時に、デザインの見本の前で悩んでいたら、この黒地に紫の梅の刺繍があるものが太宰府天満宮オリジナルデザインだと宮司さんがご説明くださって迷いなく決めてくることができました

宮司さんは御朱印帳に記入をしてくださってる間いろいろ説明してくださいました、そこで初めて、「最初の1、2ページめは伊勢神宮のためにとっておく」という決まりがあるのを知りました、買わなきゃ絶対わかりませんでした…

出雲大社も絶対行っておこうと思っていたのですがこりゃ伊勢神宮にもお参りしとかないといけません

神社仏閣巡りが好きなので、この御朱印帳もきっと途中でいっぱいになると思いますが、そのときにはきっと岩木山神社で二冊目を買おうと今から決めています

ああ、それにしても、実質一番最初の御朱印帳の記載が太宰府天満宮でよかった…大変記念になりました

 

さて、書いていてずいぶん長くなってしまったので、前編と後編とで分けることといたしました、後編は明日の掲載となります、よろしくお願いいたします

コメント