2017

  • 2月にひとりネタを重点的にやるため単独ライブ「Tout seul」シリーズを立ち上げる。5月に第2回、8月に第3回が開催。
  • 6月にJOKE FACTORY主催で女芸人オンリー合同コント公演「TURQUOISE」を開催(出演:砧川キヌ子・きみえ・ちかみどり・姫くり(なみえ・ゆず姉)・藤子)。
  • 7月よりインプロライブ「インプロ・ジャンクション」を立ち上げる。9月に第2回、10月に第3回が開催。
  • 11月に砧川キヌ子アワー「人生休憩室 vol.02」開催。(出演者:砧川キヌ子、姫くり なみえ、森薗尚也、きみえ)
  • 12月に「インプロ・ジャンクション スペシャル」「en-conte vol.8」を開催。

 

2016

  • 2月にゲームイベント『砧川キヌ子の芸人・ゲームガチンコファイト(第一回)』を開催。
  • 3月にゲームイベント『砧川キヌ子の芸人・ゲームガチンコファイト(第二回)』を開催。
  • 5月に砧川キヌ子第五回単独公演『見知らぬ世界』を開催。
  • 11月に砧川キヌ子アワー「人生休憩室 vol.01」開催。(出演者:砧川キヌ子、二階堂旅人、大吟醸、ふかづめ)
  • その他お笑いライブ・インプロライブ各種に出演。

 

2015

  • 2月に『en-conte vol.5』を開催。
  • 4月に『en-conte vol.6』を開催。
  • 6月にJOKE FACTORY企画合同コント公演『極楽旅行(ごくらくりょこう)』を開催。(出演者:ウェイウェイ(うみのいえ)、大葉カヤロウ、快児、砧川キヌ子、きみえ、ウェンディ、ルネ岩田)
  • 7月に『en-conte vol.7』を開催。
  • 9月に砧川キヌ子第三回単独公演『此岸礼讃(しがんらいさん)』を開催。
  • 11月に砧川キヌ子第四回単独公演『生命賛歌』を開催。
  • この年から「芸人インプロ部」等のインプロビゼーションのライブに参加するようになる。

2014

  • 3月にJOKE FACTORY企画合同コント公演『VERSUS(バーサス)』を開催。(出演者:大葉カヤロウ、砧川キヌ子、姫くり なみえ)
  • 10月に砧川キヌ子第二回単独公演『平成理想主義』を開催。
  • 12月にYouTubeでたまたま人間椅子のPVを観てどハマりする。その後名古屋や大阪、高山、青森まで人間椅子のライブを観に出かけるようになる。

 

2013

  • 3月に砧川キヌ子単独発表会「夢のちまた」を開催。
  • 11月にJOKE FACTORY企画合同コント公演『MAGENTA』を開催。(出演者:綾瀬マルタ(東京アヴァンギャルド)、砧川キヌ子、きみえ、ちかみどり、姫くり なみえ、藤子 映像協力:ゆとりちゃん)

 

2012

  • ピンでお笑いライブに出演。
  • ウェイウェイとUK名義でライブに出たり、いくつかの外部DJイベントでDJをやったりしていた。
  • 外部単独ライブの映像制作依頼で踊る大捜査線風の映像を製作したりしていた。
  • 初めてR-1ぐらんぷりに出場。結果は二回戦敗退。

 

2011

  • 5月に第9回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.9 -Color-』を開催。
  • 8月にJOKE FACTORYで強盗コント公演『11点』を開催。(出演者:あがいん直・ウェイウェイ・カイキマン・CON-TIC(砧川キヌ子・じょんこ。)・近みどり・ネポンしげる・バッチグー伊藤・姫くり(なみえ・ゆず姉)・藤子)
  • 11月に第11回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.11 -PAUSE-』を開催。これを持ってCON-TICは無期限活動休止となる。その後は砧川キヌ子としてピンで活動を継続。

2010

  • 2月に第8回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.8 -Revival-』を開催。結成5周年記念として過去のネタの再演を行った。
  • 7月に『en-conte vol.4』を開催。
  • 8月にJOKE FACTORY企画としてCON-TICとルネのユニット公演『ninin(ニニン)』を開催。
  • 10月に第9回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.9 -Marchen(メルヘン)-』を開催。

 

2009

  • 2月に『en-conte vol.3』を開催。
  • 5月に第6回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.6 -Holiday-』を開催。
  • 9月に第7回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.7 -Rock'n'Roll-』を開催。
  • この年からウェイウェイと二人で「CRAZY STEPPER」というDJイベントを主催するようになる。

 

2008

  • 3月にHugo Papersの第2回公演『parole』を開催。
  • 5月末にインディーズお笑いライブへの出演を撤退し、単独公演、自主ライブのみの活動形態となる。
  • 6月に第4回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.4 ーdoors-』を開催。
  • 7月に『en-conte vol.2』を開催。
  • 9月に第5回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.5 ーgirls-』を開催。
  • この頃から芸人仲間と一緒にオールナイトのUKロック系DJイベントで踊り倒すようになる。

 

2007

  • 2月に第2回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.2』を開催。
  • 7月に合同コントユニットHugo Papers(フーゴ・ペイパーズ)の公演『mort de rire』を開催。
  • 8月にコントオンリーライブ『en-conte』(エン・コント)を開催。
  • 12月に第3回CON-TIC単独公演『CON-TIC SHOW vol.3 ーworks-』を開催。
  • この頃から芸人仲間が開催する単独ライブ用の映像制作を手伝うようになる。

 

2006

  • CON-TICで賞金族やお小遣いライブやぺんぎんナッツと野比のび助ライブなどに出演。
  • 7月にCON-TICでの初単独ライブ『CON-TIC SHOW vol.1』をしもきた空間リバティで開催。
  • 「茶番劇」という共同企画公演を数回ほど開催した。
  • この年の始めに興味本位でエレファントカシマシのライブを観に行ってものすごくファンになりライブへ通うようになる。
  • 12月に中野坂上へ引っ越す。

 

2005

  • CON-TICでお笑いライブに出演する。
  • ライブと平行してピンで朗読ライブへの出演を行うようになる。
  • あるライブにピンで出演して客出しの間中ずーっとゴミバケツに入っていたのもこの年。

 

2004

  • 6月に新宿の某パスタ屋でじょんこ。さんと二人組のコントユニット「CON-TIC」を結成。その後某居酒屋でコンビ名決定となり7月からライブに出始める。

2003

  • 引き続きお笑いライブに出演。MFMという女芸人ライブににたまに呼んでもらっていた。
  • 池袋西口公園や稲毛海浜公園で行われた野外音楽ライブのMCを数ヶ月間担当する。
  • まさしんライブに何故かバンド枠でエントリーした履歴があるが全然思い出せない。
  • 一時期だけ浅草の東洋館や木馬亭に出演していた。10分~15分程度の漫談をやることが多かった。

 

2002

  • アフロシアターとかお小遣いライブとかワンフォールウェストとか欽こん館とかに出演。
  • ご縁があって法政大学の学園祭にも出演することができた。
  • 人様の単独ライブに初めてゲスト出演する。

 

2001

  • 年始に添乗員の仕事をやめて、やっぱり舞台に乗ろうと考える。
  • 夏頃、書店の店頭にあった「笑芸人」という雑誌をたまたま買って、お笑い芸人として舞台に立つことに興味を持つようになる。
  • お笑い芸人としての活動を開始、中野twlにネタ見せを受けに行く。12月6日開催の「お笑い注意報」が初舞台。
  • その後「オトヒメ」「プルキンエ現象」という名義でユニットを組むもののそれぞれすぐに解散となったためその後はピン芸人で活動することに。

 

2000

  • CSR VOICE SCHOOLに一年間通学。
  • その後しばらく演劇系のワークショップに参加しながら国内ツアーの添乗員の仕事をする。

 

1999

  • 日本工学院専門学校演劇俳優科舞台俳優コース卒業。
  • 自分のホームページを自力で作り始める。

JOKE FACTORY / Kinutagawa Kinuko