このごろのいくつか

・やっとこさ歯痛がおちつきまして、1枚めのお写真のようなお肉だとかもかなりいい感じにもぐもぐできるようになりました、早く豪快にもぐもぐできる日がくるといいなあと思います

・現在のアパートに住み始めてから11年以上経つのですが、今週から初めて、湯船に湯を溜めて入るようになりました、それまではかなり大きめの椅子を浴槽に置いており「ユニットバスだからシャワーだけでいいや」と考えて過ごしていたのですが、ほんとうに、ほんとうについ最近、「この椅子を浴槽の外に出せば湯を溜められる」と気がついて、試しにやってみたら気持ち良いのなんの、それからは毎日お風呂に入るのが楽しみになりました、今までの11年はなんだったんでしょうか、おそらくきっと今こうして幸せな衝撃を受けるためだったのでありましょう、なので後悔はありません、ただ喜びあるのみです

いままでずーっと押入れにしまい込んであったいただきものの入浴剤を引っ張り出して、せっせと入浴しております、一日の終りに大変よいリラックスになります

先日、音楽を聞きながらリラックスしようとお風呂に防水機能のあるBluetoothスピーカー(これまたいただきもの)を持ち込んでみたら、iPhoneで「Adult Alternative」というロック音楽のチャンネルを選択していたため一曲目が「Born to be wild」でした、リラックスの真逆をゆくナンバーですがそれでも湯船に入ってしまえば、いなたいリフで存分にリラックスしてしまえたので、ほんとうにお風呂というものは偉大だなあと思ったのでありました

・こないだの週末から、WordPressとDreamweaverの特訓として、JOKE FACTORYのWebサイトのフルカスタマイズに着手しています、二枚目のお写真がその一部です(画像は開発中のものです、とよく注釈が付くやつの感じ)

Dreamweaverは大昔バイトでよく使っていたのですが、レスポンシブデザインが台頭してくるあたりでついて行けなくなってしまい、他のソフトやWebサービスなどで代用していたのですが、今後どうしても作りたいWebサイトがあるためチュートリアルから徹底的にお勉強しながら作業を進めております

このリニューアルである程度感覚を掴んだらどんどん次の作業を進めたいと思います、青森に行くまでに東京でできることはできうるかぎり準備しとこうと考えています

・基本情報処理技術者の試験勉強もせっせとすすめてだいぶおさらいできたのですが、申込日の締め切りを全く把握しておらず春季試験は受けられなくなってしまいました、これ幸いと秋季試験に鞍替えして、7月・8月あたりにせっせと過去問解いたりしてまいりたいと思います

勉強自体はすっごい面白かったので、せっかくだからちゃんと取得したいなあと思います、最初の二進法のところでは完全に恐れおののきましたが、他はいままで仕事でやってきたことの応用だったので勉強するのが楽しいです

・気がついたらお笑いのライブに20日間以上出てませんでした、すーごい不安というかなんというかがありますが、資金を貯めると決めてからノルマライブを全部見合わせてるのでこういう事態となっております

それでもちょこちょこライブにはお誘いいただいていて、今度の日曜日に初めてお邪魔する劇場で「ゼロジー即興」というインプロのライブに出ます、ライブが久しぶりすぎて変な緊張をしておりますが、メンバーは見知った芸人さんたちがいっぱいいらして、今から出るのが楽しみです

詳細はこちらのURLからどうぞ → https://akiba-zero-g.jimdo.com/

・ライブと言えば、お笑いライブだけでなく、音楽のライブも見合わせるようにしているのでもう長いこと好きなバンドのライブにも行っていません、全部準備して青森に行ったら解禁する、というお楽しみにしているのでそれはそれはで楽しみなのですが、お笑いにしろ音楽にしろ、ライブが無いと自分で思ったよりもずいぶん、フラストレーションがたまるというか、調子が上がらないというか、そういうのがあるんだなと思います、もう何回もここに書いていることのような気がしますが

コントのライブやインプロのライブは、私の場合は「自分で開催したい」というのがありまして、自分が自信を持ってお客様をお招きできるようなライブを準備してお待ちするという、そういう感覚が好きなので、今年はやらないつもりですが、来年は6月辺りまで、そういうライブを2、3回程度開催できるといいなあと考えております

それが終わればやはり、当面の間は東京ではライブはできなくなるでしょうから、活動19年目のお仕事として、せっかくですからめちゃくちゃこだわったコントやインプロのライブを作りたいです

もちろん20年目以降だってどんどこはりきってそういうことをしてゆこうと思います

…再来年はどうなりますかね、おいしいものは食べられているでしょうか、ちゃんとお仕事して稼げておるでしょうか、のたれ死にしないようにせいぜいがんばってまいります、まだ死にたくないので死ぬ気でがんばります、どうぞよろしくおねがいします


古作こぎん研究会 in 浅草

浅草で「古作こぎん研究会」という催し物に参加させてもらってきました、本物の古い着物生地を間近で見るだけでなく、触って確かめたり写真を撮ったりしても大丈夫という大変贅沢なイベントでした、本で見るより圧倒的に実際に刺す時の参考になると思いました

これまではこぎん刺しを「パターンの綺麗な手工芸」くらいにしかわかってなかったのですが、作業着としての機能やメンテナンス性まで考えられているものだと教えていただいて、それはそれは感服いたしました

私の母方の家は昔仕立て屋の仕事をしてたらしく、そのせいか私も昔から手芸がだいぶ好きでして、弘前に行ったらぜひこぎん刺しに挑戦しようと思っていたのですが、これはできるならば本当に根本的なところからちゃんと取り組んでみたいなあと思いました、東京にいる間からぜひ刺し貯めとこうと思います

あとくるみボタンが可愛かったのでぜひ自分も作ってみたいです

それにしても、浅草には久方ぶりに来ました、24歳くらいの頃に少しだけ木馬亭や東洋館に出ていたことがあり、その後当時の師匠と揉めて他の兄弟弟子と出奔してきた経緯があり、今でもどうも木馬亭のあたりは歩くのがはばかられる感じで、あんまり近寄らないようになってしまったのです

あれから15年経っているわけですが、久方ぶりに木馬亭のあたりを歩いてみたら、たくさんの海外の方がお着物を着て歩いてらしたり、あちらこちらがちょいちょい整備されて当時よりきれいになってたり、見覚えのなかったスカイツリーが立ってたり(笑)、懐かしいような、そうでもないような、なんだか少しこそばゆい気持ちになったのでした

遠巻きに木馬亭の幟を眺めた時、ああ、やっぱりあの時、浅草を出てくることができて私はよかったんだなと思うことができました、ずっと我慢して居続けることもできただろうけど、我慢しなくてよかったのだと、小屋の前を歩き過ぎながらそんなことを思いました

当時、揉めた師匠の上にいた大師匠から直々に教えてもらったいくつかのことは今でも私の宝物ですし、その恩に報いる仕事はきっとこの先の場所でも為してゆくことができるだろうと、なんの根拠もないですけども、自分で無理矢理そう思っとくことにしてしまうのです、ほんとにそうかを確認しようにも、相手様はもう雲の上ですので、最期のあとに聞くしかないのです、その最期までに間に合えたならばもうそれは「無理」じゃないのです

なんにせよまだまだいろいろこれからです、新しく知らないといけない事がいっぱいあります、もちろん舞台の方だって今後ともじゃんじゃか立ちまして、おもいっきり胸を張った芸ができればと思っておりますので、これからもはりきってがんばります!ぜひともどーぞよろしくお願いいたします!😆


やっぱし・しつー

あいかわらず歯が痛いのと、やっぱりお写真が無かったのとで、「この痛さを分かち合ってもらうための絵」を描きました、でもあんまし本気で痛そうに描いたら絵の方が気の毒なので、『まだ耐えられる』ぐらいのレベルにとどめました

そんなわけでもうあんまりにも歯が痛いので、どのぐらい痛いかというと痛み止めの薬飲んで寝たら効果が切れたタイミングでばっちり目がさめちゃうぐらいの激痛でしたので、急遽別の歯医者さんにお願いして今日診てもらってきました

おかげさまで昨夜よりかは落ち着いたようですが、痛みの原因が「根っこの部分の出血」、つまり歯の仮止めの蓋の下でぱんぱんに詰まった血液が膨れ上がって圧迫していたのがいけなかったそうで、そしたらまた蓋をすると同じことの繰り返しにになる、だから今日は脱脂綿だけ詰めといたから月曜の夜にまた来てね、ということになり、「それはそれはでご飯どうやって食べればよいのか」問題に発展しております

ウィダーインゼリーを何個か買ってちゅーちゅー吸っておりましたが、すぐにお腹が空いて大変悲しいです

そんなわけで、あいかわらずペットボトルの緑茶を飲みながら、「これで多少はダイエットになるかしら」という希望を持って月曜までを過ごしたいと思います

…それで月曜日もまた脱脂綿の蓋だったらもーダイエットやめて食べる方向に開き直ります、でないと死んでまる…😱

あと、今日は歯医者さんで「治療中の歯(激痛中)に針が根っこまで3本刺さった状態で自力で歩いてレントゲン撮る」という体験をしました、人間ってやればできるもんなんだなと、またひとつかしこくなりました


痛すぎ不眠

お写真は関係なし、おととい撮った新国立劇場あたりの水辺の様子です

12月からずーっと治療している歯が今日からまたかなり強烈に痛み出しまして、鎮痛剤を飲みましたが思うように効かず、深夜から明け方までほとんど眠ることが出来なくて参っております、こういう不眠のパターンは珍しいです

会社終わりに歯医者さんに問い合わせて飛び込みの治療をお願いしましたが「予約がいっぱいで…」と断られてしまい、次の治療を数日早めてもらうくらいしかできませんでした、今までこんなに治療が長引いたことは無く、どうしたものやらとほとほと弱っております、もうほんとにそろそろ治って欲しいとこですねえ…

痛くても眠れる方法を自力で編み出せたりしたらしばらくなんとかなりそうな気はするんですがそれだってどうすりゃよいのだか

本日金曜日はみんなして焼肉を食べる予定があるので、この時ばかりは鎮痛剤をばっちり飲んで、絶対万全にお肉を食べようと決めております、ちゃんと、歯が痛くない状態で食べたかったなあ…!

ひとまず今日は、「歯が本当に痛いときは頭を使う仕事がものすごく出来ない」と、変な勉強をした日でありました


ラーヘンデルのお線香

またお写真がないので絵を描いてみたら踊るおんなの子ができました、なるべく陽気なことが描きたかったのでしょう

別段何事もなくあいかわらずせっせと働いとります、個人としては今週からWEB系の作業の大きめのやつにとりかかってゆこうと思っております

昨日から頭の気分転換のためにラベンダーのお線香を部屋で焚いてみているのですが、先日壊れたライターの替わりを今日も買い損ねてしまったので昨日に引き続きガスコンロで豪勢に着火しております、ラベンダーは昔「ラーヘンデル」という名前で日本に渡ってきたそうです

関係ないお話

単独ライブの予定が来年以降までたてられそうにないので、そうなると来年のことばっか考えて暮らす感じとなり、なんだか最近は毎日がふわふわしとります

売れ線の芸人さん、とんでもない額を稼ぐ芸人さん、そういう方々のいる世界と、わたくしがずーっとやってきた道、これからも進みたいと思う道が、いつかどこかで重なるかと聞かれたらたぶん「運次第ではなかろうか」と言うしかないし、そして自分も別段、『いつか重なること』を目的としているわけでもないし、ただまたこの先にもたくさん、台本書いてチラシからなにから全部揃えた、まるごとの舞台を作る作業をしたい、どうしたらもっと良いのが作れるか、もっと喜んでもらえるか、たくさんの方に観に来ていただくにはどうすればよいか、そのための作品にするならば何が不足で何が使えるのか、そういう様々なことを、その時点の自分の手応えを頼りに熟考しながら作ってゆきたい

途中で凄い人に会って何かを学べるかもしれない、途中でいろんな出来事があってそこから何か覚えられるかもしれない、美しいものが、明るいものがその途中途中で見られるかもしれない、人生のど真ん中をまっすぐに貫いてゆくような、そういう瞬間がひらめくかもしれない

…舞台を作る予定が無いとだいぶわたくしの生活は途方にくれるものらしいです、こんなに予定が無いのが久しぶりなので自分でも予想外のことにいろいろ気づいたりしております、でも次の舞台はもう決めておりますので、ひとまずはいろいろ揃えながら、その日を待つことといたします、もー、早いとこいろいろガガーッとやれるようになりませんかねえ…、とにかくその日が楽しみで仕方がありません

一番近い主催ライブが6月のインプロ・ジャンクションに決まりましたので、しばらくはそれを支えにがんばりたいと思います、出演者の方は5月の半ばから募集を行ってゆこうと思います、どうぞよろしくお願いいたします


おじゃま日和

青森県主催のイベントにおじゃましたり、姫くり なみえさんの結婚ご報告会におじゃましたりと、今週末は基本的におじゃまばかりしておりました

新しい方にお会いしたり、久方ぶりの方にお会いしたりとわーわー調子乗ってやっとりましたらこれまた久方ぶりに風邪気味となりました、一生懸命寝ております

明日会社にゆけたら自分で自分を褒めとこうと思います

あらためまして、みなさまありがとうございました、なみえさん、しんさん、これからもどうぞ楽しく仲良くお過ごしください〜!


大遅刻決定版

本日は遅刻の中でも最上級である、「上司から電話がかかってきて目が醒める」をやらかしました、おそらく十数年ぶり通算2回目のやらかしでした(初めてではない)

ちゃんと遅刻した分きっちり働いてまいりましたのでおかげさまにてプラマイはゼロです

先週末くらいから、夜中にやたら目が冴えてぜんぜん眠れなくなっててですね、二度寝したらばこの結果です

ですので、いろいろやろうと思ってたことをしばらくすっぽかさせていただきまして、安眠第一で過ごすこととします、あしからずなにとぞよろしくお願いいたします、それ以外はいたって元気なんですけどねえ、ご飯もおいしいですし…


随想

本日はモダンタイムスさんところの単独ライブを拝見させていただきました、今回はほぼほぼ働いていないためほぼほぼ部外者だったのですが、拝見させていただけましてたいへんありがたかったです、拝見していてびっくりしたのは、ネタの一部でドリフのオマージュがあった際に「ドリフのフォーマットだとわからないお客様が結構大勢いらっしゃる」ということでした、最近でもドリフはニコ動で再放送とかされてたのに、やっぱしテレビに放映されない限りはお若い方々まで浸透しないもんなんだなと感慨深いものがありました、でももしあれがYouTubeとかNetflixとかで大々的に再放送されてたら多少違ったりするんでしょうか、どうなんでしょうねえ

今日のエンディングトークの中で、「SMAにはライブ後にネタのダメ出しをしあうという文化がある」というお話があったのですが、うらやましい、と思うと同時に、そういう文化の中に自分は全くひっかかることができなかったなあ、ということを思いました、昔コンビだったときに相方を相手に少しだけそういうことができていた時期もありましたが、今現在はネタの話をできる人が周りに全くいないので、自分のことはとにかく自分でなんとかしてやらないといけない、と、そんで、そういう人も他方できっといっぱいいるのだろうなと帰り道を歩きながらずっと考えてました

たぶんこれからもネタとかなんかは相変わらずひとりで考えてゆくんだろうと思います、この先よほど何かがない限り、誰かとそういう話をする機会がないかもしれない、と、少なくとも今はそういう覚悟でやるより他になさそうです

…この話は要するに、「16年も活動してたのにその間わたしはそういう友達を一切作れてこなかった」という話だと、そういうことでございます、私が好きな方も、いつも本当にお世話になってる方も、たくさんいるのに、完全に気分をゆるめて無防備に喋るということがどこかでいつもうまいことできてないのです、たくさん喋ってるうちに気づいたら無防備になっとることはあるのですが、自分の中で「無防備になって良い相手」というのが子供の頃からずっと今日までほぼほぼいたことがないのです

これは昔からの自分の癖で、好きな人であればあるほど自分は本当のことを話せなかったなあと、あとから何度思ってみても次もおんなじ感じになります

いつか治るのか、治んなくてもなんとかなるのか、今はぜんぜんわかりませんが、別に今の自分が不幸せなわけではないと思っております、いろいろありがたいことはたくさんありますし、おかげさまでとても楽しくも暮らせております

たぶん、こういう話だってきっとそんなに珍しい話じゃないのだと思います、どこにだってよくある話の一個なんだろうなあと、夜道を歩きながら考えつつ、トイレ行きたいのずーっと我慢してました(会場出る前に行けばよかったです)


申告済んで

日が暮れて

確定申告もなんとかかんとか電子申請で済ますことに成功して、今週はまたあちこちに出かける予定がございます、木曜日にはまた芸人同士でDJをやるイベントがありますのでご興味のある方はぜひお越し下さい(詳細はこちら

4/21~4/24まで弘前に出かけてくることにしました、就職活動とさくらまつりと人間椅子ライブとそのほかとでもう4日程度じゃ消化しきれないぐらい予定ができつつあります、ほんともーとっとと引っ越したい

引っ越したらたぶん今より5倍ぐらいやること増えそうです、今からほんとに楽しみにしております


津軽衆指南


お昼からツイキャスをしながら有楽町まで出かけましたら往路でスマホの電池が切れて往生いたしました、今年1月にiPhoneの電池交換代が値下がりしたのでいいかげん交換を行いたいところです

本日は弘前市のIT企業の方がUIJターン希望者向けにいろいろなお話をしてくださるというイベントに参加してまいりました、名刺交換も行ったりしてかなり有意義なお時間でございました、自転車でいかなければりんごのシードルが飲めたのですがそこは我慢の子でございます

今日のイベントで改めて弘前市の紹介があったのですが、「大学が五つある」と聞いて、それであの街が私にとってなぜ懐かしい感じがするのかがわかりました

私の家は転勤族だったのでコマ切れにいくつかの街に住んでいるのですが、自分が生まれた場所、小学校の頃住んでいたところとして出身地は東京都国立市と言うようにしており、この国立市も「学園都市」で「文化都市」、ついでに「春の桜が自慢」という街なのです、何故だか初めて行った気がしないように感じたのはその辺の影響があるかもしれません

弘前は文化も桜もすごければ大学の数まで上回り、さらにはりんごやねぷたや岩木山など他にも魅力がいっぱいある、まさに「こんな故郷が欲しかった」という、もう私にとってはドンピシャの街だったわけです

そして今日お話を聴いて思ったのは、考えついた企画はとにかく「まず自力でなんとかする」という気概でやってかないといけないみたいだ、ということでした、まず自分で自分を助けるというスタンスができて初めて他の方からのサポートが受けられると、そういう感覚がありました

まずは自分でやってみる、というのは今までの活動で長年さんざんやってきたところなので、これはもしかしたら思った以上にのびのび活動できる可能性があるんじゃないか、とだいぶわくわくしたのでした、早くお金が貯まりさえすればもう前倒ししてでも向こうで仕事がしてみたいなあとつくづく思いました、が、東京での活動の整理も会社含めてちゃんとやりたいので、移住後の準備も進めながら来年2019年の7月までを着々と過ごして参りたいと思います

さて、本日から昨年12月に行われたインプロ・ジャンクションの記録映像をYouTubeにいくつか載せてゆきます、ご興味のある方はぜひご覧いただければと思います、よろしくお願いいたします

https://youtu.be/Ppai7WUNv_o