モダンタイムス2018ベストネタ単独ライブ映像 製作メモ書き

無事にモダンタイムス2018ベストネタ単独ライブが終演したのを受けまして、今回の映像製作についていくつかメモ書きを書かせていただければと思います


オープニング映像みたいな映像を作るのが一年ぶり、よくよく考えたらaftereffectでアニメーションさせる映像作るのは数年ぶりぐらいでございました、構想1ヶ月、取り掛かったのは一週間前、実作業でまるまる3日、くらいの感じでできました、会社終わった後に2時とか4時とかまで作業してたのでまだアタマがクラクラしておりますが無事に出来上がって良かったという気分の方が勝っております

今回も、最初考えてたアイディアと全然違う作品に出来上がったので自分としては「またかー」みたいな感じです、自由度が高い作品だと大概そうなりますが出来て仕舞えばこっちのもんなのであんまり気にしないことにしてます、最初に考えてたアイディアよりいいやつに作れたと思うし

今回たくさん出てきたたいこちゃんは、途中で素材が足りないことに気がついて、ペンでまず一個書いて、顔の中身をたくさん書いて、スキャナで取り込んでPhotoshopで仕上げるという方式で作りました、サイズがどの子もおんなじになるのでなかなか扱いやすかったです、個人的には少女漫画をググって書いたのと呑龍さんのねぷた絵をググって書いたのとがお気に入りです

新しいプラグインをいくつか仕入れたのですが十分に使いこなすにはまだまだ修練が必要そうです、あと昔買ったプラグインが古くなりすぎて今の環境で動かなくなってました、そのうちバージョンアップさせたいです、調べたらバージョンが5も違ってました

あと今回気がついたのですが3Dのレンダリング処理で無駄に時間がかかってました、いい加減グラボ無しで映像制作するのも無理が出てきたようです

当日は会社後に会場に行ったためリハを見る事ができず、プロジェクターの色がおかしくなってのに事前に気がつく事が出来ませんでした、まさか渋谷ユーロライブでそうなるとは思わず…本番で映像観ながら「まじかー」と思ってました

帰り道一人で東新宿駅から歩いてて、「やっぱり失敗したらいけないんだ」と反省してました、あの劇場に集まってくださったお客様のために作ったのに十分に観ていただく事が出来なかった、舞台だからもう戻せない

としさんの計らいで数日間だけネットで公開させる事が出来ましたが、次からはちゃんとそういうことも想定して準備しようと思いました、会場の機材の調子もあるので限界はあるかと思いますが、自分でできる範囲のことは今後できる限りに力を尽くそうと思いました(とはいえ外注とかなら現場に行けないかもなのでその辺の割り切りも必要でしょうが)

とりあえず3月10日日曜日まで映像データを公開しておりますのでよろしければこちらからご覧いただければと思います (公開終了いたしました、ありがとうございました!)

これからどのくらい映像のお仕事を受注できるかわかりませんが、映像作品というのは一人で作ろうとするとかなり負担が大きいので様子見ながらやっていく感じになると思います、個人事業主として生活できるようになりたいのでやはりいただく仕事で稼がなければなりませんから、体力とかその辺と相談して、これからもマイペースに作れて行けたらと思います

改めまして、会場に足を運んでくださったみなさま、映像をご覧下さったみなさま、物販DVD作成をご一緒に行ってくださったキョウタロウさん、当日お会いしたみなさま、そして、今回も映像をご依頼くださったモダンタイムスの御二方、本当にありがとうございました、もしまた御縁がありましたなら何卒よろしくお願いいたします

そんで、最近の諸々ですとか明日から弘前に行くことですとかをまた今日明日でここに書こうと思います、よろしくさんです