さぼった分の報告書 弘前編(2018.10.12~14)

カレンダー見ていろいろ思い出しながら、少し硬めの文体でなるべく短く書いてゆこうとがんばりましたが無理でした、随分長いのでお暇な時にどうぞ

10月12日 出立準備と財布の買い替え

会社終わりに新宿タイムズスクエアの東急ハンズに行って夜行バスに乗る時用のクッションや枕を購入する、今まで100均のものを使っていたがこれからも使うのだから良いものにしようという理屈だ

あと数年前に母から誕生日にもらった財布が寿命となったのでこちらも買い換えた、今度は小さい財布が欲しかったので売り場の財布を片っ端から吟味し最終的にPORTERの二つ折り財布を購入した

これでライブを見る時とかにもかさばらなくて済む、中身の布地がまっ黄色なので金運的にも良さそうな気がする、いい買い物ができてよかった

10月13日 弘前1日目

初めて品川から夜行バスに乗り、13日の早朝に弘前に到着した、いつものとおりに弘前公園を歩いたり最勝院にでかけたりする、天気がとても良くて散歩中の景色がさらにすばらしかった

今回は弘前に住んでいる友人と二人であちこちにでかける旅となった、友人の車に乗せてもらい、まずは最初に私の希望で岩木山神社に行ってきた、お詣りをして御朱印もいただき、足湯でぬぐだまったところで友人の提案により黒石市にある「津軽こけし館」へ行ってみた

津軽こけし館

到着後、ちょっとした脱出ゲームっぽい感じのイベント「こけし探索ゲーム こけし探偵」というのがあったので二人で挑戦した、これが想像以上にシビアなゲームでなかなか最終問題をクリアできずやっと解いたときには制限時間ギリギリだった、あれは一人だったらクリアできなかったかもしれない、なめてかかると痛い目にあう難易度でなかなかにあなどれない

2階の有料展示の部分がゲームのおかげで慌ただしくしか見られなかったので再び戻ってじっくりと眺め直す、その後1階にある絵付け体験コーナーでこけしの絵付けに挑戦した、実際どのぐらい難しい作業なのかを確認したいと思ったのだ

実際にやってみるとまずどうやって筆を動かしていいかがわからない、描く面の方も球体だったり筒型だったりするのでそこにも意外な難しさがある、筆の線はやはり塗り始めよりも塗り終わりの方を綺麗にするのが難しく、髪の毛の部分で何度も何度も練習してもなかなか思うようにいかなかった

今回はあえてお手本を見ずにとにかく丁寧に描くように心がけた、作業はとても楽しかったのだけど顔を描き終わるだけで相当な時間を食ってしまった、結局胴体の方は木工ろくろにこけしをセットしてぐるぐる回しながら適当に線を引くだけとした

いつか時間がたっぷりあるときに、またここに来て最後の最後まで丁寧にこけしに絵を付けてみたいと思う

呑み歩き

いつもチーズオムレツを食べるのを楽しみにしていた「kawabata bar 1・23」が15日で閉店してしまうというので東京で鳩サブレを買ってお店まで出向いた、しかし予約を取っていなかったためお店に入ることができずお土産を渡すだけとなってしまった、あとから考えたら当たり前のことなのだけど忘れてしまったものは仕方がない、あとでもう一回お店にゆくことにしてほかのお店を回ることにした

まず「Asylum」で呑んで、その後店主のサイトーさんから教えてもらった「Jackpot Bar」でベビメタ大好きのお兄さんが作るホットドッグとケイジャンチキン(いずれもチーズトッピング)を食べ、次は知らないお店に行こうと看板を見ながら鍛冶町を歩いて『名前がかっこいい』という理由で「Bar Newyork Midtown 44 Street」というお店に入り、店主のハイテンションなお姉さんが出してくださるクコ茶やおでんやオリジナルリキュールなどをいただき、そこに友人の知人の方が合流してまた飲んで、とかしているうちにkawabata barに戻る頃にはお腹がぱんぱんすぎてまったくなんにも食べられなくなってしまった

お店が閉まる前にぜひあの大変美味しかったチーズオムレツが食べたかったのだけどもこれほど満腹ではどうにもならず、一杯だけ飲んで帰ることとなった

帰り際、店主さんが私と友人をチェキで撮って写真をプレゼントしてくださった、またどこかであのオムレツが食べられることを祈念しつつその写真は今私の部屋に飾られている

10月14日 弘前2日目

友人の家に一晩泊めていただいたので朝は存分に眠ってからの出発となった、ホテルで一泊だとチェックアウトの都合で思いきり朝寝をするのは難しいのだけれどおかげで大変助かった、たぶん移住して家がこっちになったらこんな日は昼過ぎまで遠慮なく寝てるだろうと思う

昼ごはんには友人おすすめの「Pizza Bar NAPOLI」のランチに行ってピザをいただいた、新メニューだという野菜のピザがかなり美味しかった

その後「岩木山の見えるぶどう畑」に行ってピオーネとスチューベンのジュースを買ったのだけど、ぶどう狩りはやっていないところだったので、足を伸ばして「森の中の果樹園」まで行くことにした

森の中の果樹園

ここは1500円で園内で食べられる果物は全て食べ放題となり、持ち帰りたい場合は100gあたり50〜70円で購入可能というシステム、端から端まで歩いたら15分ぐらいは普通にかかるというなかなかの広さで、岩木山の近くでのんびり過ごしたいならかなりうってつけの果樹園だ

まず受付で料金を払うと園内地図とカゴとハサミと果物ナイフをくれる、現在収穫できる果物を見るとラインナップに「クルミ」がある、さすがにこれはその場でもいで食べるというものではないけれど今までクルミの木をまともに見たことがないのでまずここに行くことにした

意外と大きな木の上に確かにクルミがなっている、地面をよく見るとあちこちに落ちているのでこれを拾っていく、地味な作業だが意外に楽しく他に人も居なかったので友人と二人で気がすむまで拾い歩く

次は梨園に行くことにした、木にピンクのリボンがかかっている木ならどの実でも食べてよい、二人とも「どうぶつの森」というゲームをやっていたので『リアルどう森だ』とか言いながら梨をもいではナイフで剥いて食べてゆく

この梨の美味しいこと美味しいこと、食べてよい品種も3種類あるので夢中になって食べまくった、特に「豊水」という品種が滴(したた)るくらいの水分量であまりに美味しかったため私も友人も2個ずつ食べてしまった、最終的にお互い3個半梨を平らげていた(品種の一つは半分こにして味見した)

梨を食べてる時、突然耳元で虫の羽音がすると思ったらスズメバチだった、刺激しないように歩いて逃げたが何故か追いかけてくる、友人が梨の皮を剥いて地面に投げると蜂はそちらに誘導されて梨の汁を吸い始めた、まさかスズメバチが梨を食べるだなんて思わなかった、その後は蜂に用心しながら梨を食べる羽目になったのでもし次にここに来るなら必ず強力な虫除けを用意しようと思う

その後プルーンを何個か食べて大変満足したので帰ることにした、気がついたら到着から1時間半以上過ぎていた、思っていた以上に楽しかったのでまた来年以降も来てみたい

なおクルミは結局東京まで持って帰り、とりあえず洗ってから網に入れてハンガーで干している、このまま年末まで干しといて両親の家に持ってゆくことにする

岩木食堂

さんざっぱら梨やらプルーンやらを食べたのに、農園を出る頃には何故か無性にしょっぱいものが食べたくなった、例えばラーメンなんかがばっちりなんだけど、と友人に話したら意見が一致したので食べに行くことにした、食べに行く前に岩木山神社の足湯に寄ることにした、本当に贅沢な1日だ

16時半ごろに到着したがなんと私達2人でお店の材料が売り切れてしまった、本当に人気のあるお店だ

スタンダードな醤油麺600円を食べながら、これが、これが食べたかったのだと心の底から感謝の念が湧いてくる、本当にドンピシャで食べたかったど真ん中のラーメンだった、こういう幸せはそこらにあるようでなかなか無かったりする、友人と一緒に食べられてよかったなあと思う

帰り道に友人が岩木山がよく見える道を選んで走ってくれた、この記事の冒頭に載せた写真がその時の写真だ

毎日のように見てしまえばそのうち飽きる、という話もあるかもしれない、でも、21歳の頃バス旅行添乗員のバイトをしてた際に『自然が相手だと毎日でも意外と飽きない』というのを体感しているので、山や畑や空だとかを広々眺められるかと思うとやはり楽しみに思う

私は東京に住んでいた間にやれるだけのことをたくさん試してきて、その結果でいろんな事を体験することができた、いろんな事を知ったので、この先もまたさらに新しくいろんな事を学びたい

存分に全力でがんばってきて、存分に全力で味わった感があるから、特に未練なく満足して次にゆけるのだと思う、この先でもきっと全力で試して楽しんでゆこうと思う、良い為事ができるといいと思う

帰宅

帰りの夜行バスの時間になるまでやっぱりAsylumでサイトーさんにお会いして南京豆をいただいて過ごす、今回も友人とも本当に楽しく過ごせたし新しくお会いする方にも出会えて大変嬉しかった、次来る時はどの道雪が降っていると思うのでしっかり目に仕度して出掛けようと思う、雪の仕度はこれからずっと必要になるはずなのでちゃんとした装備をその機会に揃えるつもりでいる

帰りは新宿バスタ経由で帰宅した、弘前から帰ってくるたびに新宿の景色もだんだんと不思議なものであるかのように見えてくるのが最近自分で妙に思う

———————

今回も大変お世話になりました、またお会いできますのを楽しみにしております、ありがとうございました