2019年01月11日一覧

ありがた話四十歳

40歳祝いに久方ぶりに家でワインを飲むの図
(ワインは一気に飲みすぎないように切子細工のお猪口に入れて)
(昨日一晩源たれプレミアムに漬け込んだ鶏肉でつくったもやし炒めと共に)

SNSにも書かせていただいたとおり、1月10日をもちまして40歳と相成りました、ここ数ヶ月くらいはめんどくさいので40歳40歳と先回りして喋りまくっておりましたが、これで堂々と40歳を名乗ることができます

この半年くらいはお笑い芸人としての活動をほぼほぼ休んでいる状態だったのですが、SNS上でほんとにいろいろな皆様からおめでとうと言っていただけて本当に嬉しかったです

子供の頃は、自分が40歳になった姿なんて全く想像できませんでしたが、小学校の頃と比べれば多少の分別は付き、とはいえ25、6歳ぐらいの頃からはあんまり変わってないような感じもし、そして確かに体力の衰えなどは20代の頃に比べればあるかもしれないなとは思いますが、正直なところ「思ったよりもまだまだ動ける」という感覚のほうが近いです、まだこりゃぜんぜんガンガンいっとけるなー、と

35歳ぐらいからの自分は「もう自分の頭は衰える一方だ」とか考えていたりしていたのですが、 昨年、資格試験を受けてなんとか受かれたときに、「まだまだ勉強すればした分だけ身につけることができる」という手応えを得ることができ、そこから何かが明確に変わったような気がします、積極的に新しくいろんな本を読んだりいろんな人に会ったりして、ああ、ここからまた新しくなんかが始まるんだ、もっと世界が広くなるんだと、そんな感じがしているとこです

40歳になってこんなにおもしろい思いができるようになるだなんて思っても見ませんでした、本当に運が良いなあと思います、私がここまで来られたのはいろんな方々といろんなご縁とに運良く出会えたからだとつくづく思います

40歳になるまでにずいぶんいろんなことを覚えました

20歳のころには全く扱うことができなかったパソコンは今ではかなりの勢いで使い倒せるようになりましたし、自分のライブのチラシや映像を作るためにデザインを覚え映像制作を覚え、もちろんお笑いライブも主催ライブもできる限りに工夫して開催するようにしてきました、舞台に乗りながら、ネタを作りながら覚えていった全部は、会社で働いているだけでは絶対に身につかないようなものばかりでした、どれも自分にとっては貴重な宝物だと思います

そんで、これからまた新しい街に住んで、これからまた新しい仕事に携わろうとしているわけですが、それでも、自分の一番の能力は、舞台によって発揮されるような気がしております、どんなにパソコンが扱えようと、舞台に関するスキルのほうが実は自分は高いだろうと

おそらくやろうと思えばいろんな組み合わせで仕事ができるでしょう、たとえばPowerPointの資料かなんかを作って、面白おかしくパソコンの話をする講座とか頼まれればいくらでもできる自信があります、Excelの裏技とかデザインの最初の一歩だとかプレゼンにできる題材もそれなりに種類がありそうです

でも、おそらく、これから私がやることは今現在自分が知り得ていない分野での仕事であるような気がする、もっともっとガーンと、いろんなものが変わるはず、私はたぶんこれから先は「自分がやりたいこと」よりも「誰かがやりたいこと」を手伝うほうが多くなってゆくだろうし

その先できっと、今までの、お笑いライブだとか派遣の仕事とかで培った全部が役に立つんだと思う、お笑い芸人としての活動を始めたときからの年月で覚えてきた全部がきっとこの先のいろんなところでお役に立つのだろうと思う、でも、それだけでは、足りないというか、そこで油断しちゃったらおそらくもったいないと思うのでもっと広い場所を目指すべくもっともっといろんなことを覚えたい、ここで舞台を降りる気にもなれない、まだ見てないもの、作ってないものがいっぱいある、舞台の上にも外にもまだ知らないことが死ぬほどありまくる

その一方で、今まで、「ここで道をたがえてしまったらもう二度と戻れなくなるのかもしれないな」と思いながら一人で決断したことがいっぱいありました、誰に相談していいかわからなかったし、最後には自分で決めるしかないともんだ思っていたから、それでも、「最近お笑いライブ全然出てないんだよ」とウェイウェイに言ったらすぐお笑いライブを紹介してもらえたりとか、他にも、自分から断り続けてたのですっかり依頼もなくなり、きっとこれでもう二度と作ることもないのだろうと思っていた他所様の単独の映像制作もまた頼んでもらえる機会があったりとか、そういうのが自分的にはすごく嬉しかったりいたしました、もうインディーズのお笑い界隈では自分のニーズなどはすっかりなくなっただろうと思っていたりしたところだったので、すごくありがたかったです、なんかうまくかけませんが、すごく嬉しく思いました、全部なくなったわけではなかったのだ、と思えたことがすごく嬉しかった、私でも戻らせてもらえるのだと思えたことがどんなにかありがたかったことか

どのみちこれからあと数ヶ月で引っ越すので東京の方ではひっそりといなくなる芸人の一人となるのみだと思ってはいるのですが、別に大げさにすることもなく、いつもとおんなじような感じでライブに出るなりお手伝いするなりなどして、引っ越したあともまた東京にでかけるタイミングでお笑いライブの開催スケジュールも調べて出られるとこに出てやれと思っております

それと、まだどうなるか全然わかりませんが弘前でも相変わらずお笑いライブを主催しようかと思ってますので、それがどんなふうに転がっていくのかもいろいろ実験してみたいところです

もう一回書いてしまいますが、年を取るということがこんなにおもしろいものだと思える今が本当にありがたいです、そして、10年後はもっと、20年後はさらにもっと、年を取ることを面白がれるかもしれないと思うと本当に本当にわくわくします

子供の頃の自分は、おそらく「こんなにたくさんの人と仲良くなっておたんじょうびおめでとうと言ってもらえるようになった」というだけでものすごくよろこぶだろうと思います、あの頃はわからなかった世界というものを、これからもっと勉強したりでかけたりして、見て回りたいと思います、そんでその世界の少しでもお役にたてる人物になろうと

やっぱり楽しいのがいちばんです、これから先もみなさまとたくさんおもしろおかしいことをしてまいりたいと思います、また一年も、その先も、どうぞどうぞよろしくおねがいいたします